メルセデスベンツGLC220d フロントガラス 修理 - 大阪のフロントガラス修理なら - ウィンドリペア専門店

大阪のウインドリペア専門店カーリペアサービスは、創業33年で20,000台以上の施工実績。大阪市東住吉区・杭全交差点近く、阪神高速大阪方面から松原線駒川出口より5分、奈良方面から平野出口より6分。

                       お問い合わせ

メルセデスベンツGLC220d フロントガラス 修理

2021/06/01 室温:25℃ 晴れ

カーリペアサービスの西本です。
今回は、メルセデスベンツGLC220dのフロントガラス飛び石修理(リペア)です。
フロントガラスの下側黒いセラミックが裏側にプリントされた部分の飛び石被害です。
修理しながら思ったことは、ヒビの中がすごく汚れて黒く見えることでした。
お客様に確認したら、下の黒い部分だったのでヒビを目立たなくするために、黒いマジックを塗ってしまったそうです。
それでヒビの中が黒く見える原因が分かりました。
今回はまだそんなに目立たない位置のキズでしたので良かったのですが、ヒビが出来てしまったら絶対に触らないようにして下さい。
ヒビの上にテープなどを貼って置いて頂けると助かります。
一番良いのがスマホとかタブレット端末の上に貼る液晶保護フィルムです。
100均で売っている一番薄いものでかまいませんのでそれを2㎝位の大きさにカットしてヒビの上に貼っておくと水も入らないし、剥がしたときに粘着剤も残らないのですごくいいです。
ご協力いただけましたらありがたいです。
よろしくお願いいたします。

フロントガラスの下側のセラミックがプリントされた部分です。

直径1.4㎝のヒビ割れです。
この時点ではヒビの中が黒くなっているのは分かりませんでした。

修理が終わってみるとヒビの中が黒くぼやけて見えるのが分かります。
黒いマジックのインクがヒビの中に入ってしまったのだと思います。

ガラスの黒い部分ですのでそんなには目立ちませんでした。

お問い合わせ・無料見積り
お電話でのお問い合わせ